ajapa-life’s diary

管理人の雑記ブログ

『終末のハーレム』のエロシーンは男の妄想の扉が全開しちまってるw

 

f:id:ajapa-life:20190418233630j:plain
f:id:ajapa-life:20190418233618j:plain
終末のハーレム』第一話引用

はじめに

管理人アジャパー次郎です。

 

今回はSFハーレム系漫画終末のハーレム』(原作:LINK、作画:宵野コタローについての記事です。

 

最近週間少年ジャンプ特有の子供っぽさから卒業しようと、マガジンなどのハーレム漫画を読み始めました。

 

しかし、週間少年ジャンプ本誌ではなく、ジャンプ+でなかなか振り切った設定のハーレム漫画を見つけたので記事にしました。

 

終末のハーレム』概要・感想

概要

時は2040年。難病に侵された青年・怜人は幼馴染の絵理沙と再会を誓い、病を治すためコールドスリープする。

 

そして5年後——。目覚めた怜人を待っていたのは99.9%の男が死滅し50億人の女性が生きる世界だった…!

 

近未来エロティックサスペンス開幕!

(引用元:https://www.cmoa.jp/title/119402/

 

細かいことはなしにして、とりあえず世界中の男はウィルスで全滅。

 

50億人の女性に男が5人という環境で世界。人口の壊滅を防ぐために生き残った男はあらゆる特権が与えられる。

 

その希少性と、パートナーになった時に得られる特権により有名女優・モデル・同級生への要望のほとんどが叶ってしまう世界では、男はどうなってしまうのか。

 

感想

妄想を表現したハーレムとエロ

ウィルスの原因を突き止め人類を救う、という設定は確かにサスペンスだが、要所要所に入れてくるエロシーンのインパクトが強くて、本来のシリアスな設定を忘れてしまういそうになる。「物語として今はどんな状況だったっけ?」という状況に良く陥ることがある。

 

週間少年ジャンプ本誌では見られない生々しいと表現と画力で、妄想と性欲全開の設定を描ききっている。

 

自分がこの漫画の男たちのよう状況に置かれたらどのような行動をしてしまうのか。

 

コールドスリープから3番目に目覚めた男・土井翔太のようになってしまうのか。そこまで歪まないか。いや、そう言い切る自信がない。

 

ちなみにこの漫画についてwikipediaで調べてみたら、案の定、公開停止食らった過去があるらしい。もはや内容が青年誌なので仕方ないか。

 

 

3人目の男・土井翔太を責めることができない

1番目の男・火野恭司は冷凍保存から目覚め、世界の現状に気づくと、シンプルで最も平均的な行動に出る。アイドル・女優・元バイト先の先輩をパートナーとして希望しまくり、江戸時代の将軍様並みに盛った。

 

終末のハーレム』を読み始めた頃は火野の行動に釘付けだったし、北山玲奈との絡みは何回か読み直したが、3人目の男・土井翔太は桁外れだった。

 

組織によって作られた学校シチュエーションを活用した絡みは天晴れだ。さらに極め付けは、いじめられっ子の欲望の花がゆっくり開いていく、病みかけた感じが最高に面白い。掘り下げられて進化していく重要なキャラで、この漫画で僕も一番好きだ。

 

え?主人公・水原怜人どうなのかって?彼は物語を完結に導くための必須アイテムであって、面白いわけじゃないし、正直この記事書く間にキャラの顔を忘れかけていたくらいにはどうでもいい。

 

 

著者:宵野コタローとは?

公開されている情報を見てみると、男っぽい名前の印象に反して女性漫画家だという。

 

そう言われてみれば、女性漫画家だからこそなのか、女性キャラの表情が多彩だなと思うことが何度かあった。例を挙げるなら、第4話で登場した女優・北山玲奈の表情をみると、羞恥心や火野恭司に向ける繊細な感情が多彩に描かれている

 

これから単行本7巻まで読み終わり、物語は緊張感を孕んできた。エロい描写だけでなく、緊張感のあるアクションシーンなどの描写もできるのか、兄の影響で少年ジャンプを愛読していた過去があるらしい、とのことなので期待できる。

 

シンプルにエロいハーレム漫画なのでオススメ。

 

今日はこの辺で、またね。