ajapa-life’s diary

管理人の雑記ブログ

『ジモトがジャパン』 同時連載! ジャンプ(No.42)

管理人のアジャパー次郎です

 

今日もギャグ漫画同時連載の二作目『ジモトがジャパン』についてだ

 

 

 

 

概要

『ジモトがジャパン』林聖二

f:id:ajapa-life:20181001224734j:plain

ジャンプ公式サイトより引用 http://www.shonenjump.com/j/rensai/jimoto.html

 

転校生・安孫子時生(あびこときお)が地元の山形県を離れ東京の中学に転校してきた

 

そんな彼に、中学全国の都道府県の文化・名産など異様に詳しい(都道府拳マスター)の日ノ本ジャパンが猛烈絡んでくる

 

地元フェチで全国のあらゆる事象を熟知するジャパンのご当地ネタとギャグを織り交ぜたギャグ漫画

 

新しい!

 

f:id:ajapa-life:20181001224711j:plain
f:id:ajapa-life:20181001224703j:plain
f:id:ajapa-life:20181001224730j:plain
f:id:ajapa-life:20181001224722j:plain
『ジモトがジャパン』一話目より引用
 
感想

結構面白い。このギャグで爆笑はとれないだろうが、ちょい笑いは取れる

 

山形県のようにあまり知名度の高くない県の名産やご当地事情に、興味をもつ人は少なからず存在する

 

自分に新しい知識を与えてくれる漫画はついつい読んでしまうものであり、このような漫画は支持される

 

自分の県や地元が取り上げられる日がくるのではないかと楽しみで、気になって毎週読んでしまいそうだ

 

『思春期ルネサンスダビデ君』よりかよっぽど続くと思う

 

ギネス記録もっているあの有名な『こち亀』もマニアックすぎる回は意外と高評価だったし、長期連載じゃなくとも半年間くらいの連載はいけるんじゃないだろうか

 

人気が下がる初期段階を、個性見失わずに続けることができたら、徐々に『アクタージュ act-age』みたいに受け入れられてくるはずだ。墜落する前までに浮上出来たらだが・・・

 

第1話目は安孫子時生んお地元の山形県のご当地ネタだった「花笠音頭」と超有名漫画家の「冨樫義博」先生とは知らなかった(笑)

 

毎週この連載に便乗して僕も県のご当地ネタでも記事にしてみようかな

 

3日に1回程度の更新頻度では絶対続かないけど。

 

 

ネット上では『ジモトがジャパン』と『思春期ルネサンスダビデ君』の長く続きそうかと論争も起こっているようだ。個人的にはジャパンかな

 

 

林聖二先生の過去作品

『地球人間テラちゃん』

 

f:id:ajapa-life:20181003004232j:plain
f:id:ajapa-life:20181003004240j:plain
『地球人間テラちゃん』ジャンプ+より引用

一見普通のテラちゃん

 

よく観察すると、テラちゃんの体調や状態が地球に影響を及ぼしてしまう。密接にリンクしているのだ

 

テラちゃんに危険が及ぶ時、地球にも危険が迫る、という設定

 

ヒットするかはさておき、物語の軸となる題材が面白い漫画家さんなのかも・・・