ajapa-life’s diary

管理人の雑記ブログ

『恋は戦争』シンプルなテーマを極めたギャグ漫画 金未来杯第3弾! (ジャンプNo.41)

管理人のアジャパー次郎です

f:id:ajapa-life:20180918113822j:plain

 

今日はジャンプ(No41)金未来杯の第三弾『恋は戦争』について書いてみようと思います

 

第一弾はストーリー構成で読ませる本格ホラー、第2弾は設定盛りすぎ気味の寄生バトル

 

第三弾は全力ギャグでした。編集部の意図もあるのだろうが、現在は3作品とも綺麗にジャンルがかぶってない

 

しかし、ジャンルは違えども、作品としての面白さ、期待度は比較することができる。

 

今回の作品では、どうだろうね

 

今日もやっぞ!

 

 

 

 

 

概要

『恋は戦争』アラビア吾朗

f:id:ajapa-life:20180918113806j:plain

 

主人公の高校は男女共学校。しかし、男子校舎と女子校舎は完全に別々に離されている。唯一の通行手段の橋は、最強の校長によって絶対防御されている

 

校長をかいくぐり、気になるあの子をマクドに誘うことができるのか!?

 

校長との究極の駆け引きを、ギャグ99と恋愛1の比率で描いたギャグ漫画

 

 

感想

良い点

 

設定がシンプルでとてもわかりやすい

 

物語の構成が上手い。ハイライトも最期のオチまでの流れも良い

 

 

悪い点

特になし。がっかりした点もこれといってない

 

連載するのであればしたらよいのではないかな、といった感じ

 

ぜひこの漫画の連載が読みたい!というほどのインパクトは受けない

 

『呪術廻戦』の例によって、初めは僕が低評価したのちに、人気が上がることもあるかもしれないが、今の時点では、ぜひ読みたい!まではいかない

 

 

 

評価はまさかの暫定2位

 

暫定1位の『仄見える少年』に比べると、短所もない。ハイライトまでの流れも綺麗で、『血液ヌル』よりもシンプルな設定でわかりやすく笑わせてもらった。ギャグにバランス無視で極振りしたこだわりを感じた。

 

これだけいうと『恋は戦争』が暫定一位かのように聞こえるかもしれないが、一位は『仄見える少年』だ

 

理由は最近珍しいホラー漫画を極限まで高めたポイントはどうしても連載希望だ。前回の記事でも書いたように、本命の霊怪の登場シーンのインパクトが弱く、読者の期待に外れた部分もあったかもしれないが、恐怖心を煽る流れ、畳み掛けは素晴らしかった

 

このホラーの醍醐味、恐怖心のピークまでの畳み掛けていく描き方は、ぜひ連載までこぎつけて欲しいと思えるものだった

 

『恋は戦争』は『仄見える少年』に比べると淡白にみえてしまう。

 

 

ということで暫定2位です。暫定1位は『仄見える少年』

 

 

来週の第四弾を期待してます。


 

エントリー5作品が出そろったとこで、まとめサイトも書いてみました↓

【ジャンプ金未来杯2018】優勝を予想!個人的一番は『仄見える少年』。エントリー全5作品を一挙おさらい - ajapa-life’s diary