ajapa-life’s diary

管理人の雑記ブログ

『勇者ご一行の帰り道』が大反響!今なら無料で読める! 「BOZEBEATS」平野譲二先生 良作読み切り 8月2日 ジャンプ+

どうもどうも~管理人のアジャパー次郎です

 

今日は少年ジャンプではなくアプリ版「ジャンプ+」で無料公開中の読み切り漫画について紹介しようと思います

 

 

 

 

その漫画は「勇者ご一行の帰り道」 

 

超面白い!ジャンプっぽくないおもしろさ

 

そしてちょっと前にジャンプ本誌で「BOZEBEATS」を連載していた平野譲二先生の新作 

 

 

 

アプリ起動して下の方の「無料連載」「8月2日」欄で読めます

 

(当日の画像なのでTOPに来ちゃってますが、現在は「無料連載」欄で)

 

f:id:ajapa-life:20180804063916j:plain

 

 

(BOZEBEATSについては前に記事があるから、よければ後で読んでね★)

少年ジャンプの感想 (No.7) 「BOZEBEATS」連載開始! - ajapa-life’s diary

 

 

BOZEBEATSはもろにバトルもので怨霊というかオカルトバトル系の話だったんだが、平野先生の綺麗な絵とミスマッチだったのか短期打ち切りとなってしまった

 

今回はその新作だ 今日もやっぞ!

 

 

 

 

 

 

(注)これ以上はネタバレそのものです

 

・読み切りで単行本や少年ジャンプのように売り上げ等に多くの影響を与えない

・ジャンプ+に公開されているということから平野譲二先生の作品の宣伝にもなる

 

ということを考慮したうえでこの作品の核となることにも触れます

 

(この記事読んだあとでも読み切りを楽しめるように書いているつもりです)

 

 

 

 

勇者ご一行の帰り道

f:id:ajapa-life:20180804063923j:plain
f:id:ajapa-life:20180804063920j:plain
f:id:ajapa-life:20180804063913j:plain
f:id:ajapa-life:20180804063909j:plain
勇者ご一行の帰り道 ジャンプ+

 

感想

「勇者ご一行の帰り道」・・・タイトルを初めて見たときはほんわかした作品になるのかな、と思ってた

 

そんな僕の淡い期待は大きく外れた

 

 

ほんわかとは真逆の切ない、やりきれない物語

 

 

ゲーム・漫画でおなじみの物語の裏に必ず存在する「平和とは正反対の結果」

 

を描いた斬新な設定。ありそうでなかった設定

 

 

 

ほのぼのした雰囲気を勝手に期待しカラーページも流し読みして、読み進む

 

平和な帰り道。お茶目な魔法使いとそれを見守る勇者たち

 

しかし、徐々に大きくなっていく勇者たちの様子への違和感

 

通常ならあるはずの反応がない

 

野宿の夜、ドラゴンと戦う魔法使いに反応もせずただ座り続ける勇者たち

 

勘のいい読者ならこの時点でわかる。決してハッピーエンドには終わらない物語だと

 

 

その予想は当たっていて、とてもせつない漫画だった。心に響いてきた

 

 

最後まで読んでもう一度初めから読み直した

 

 

 

二度目の冒頭カラーページ。明るい雰囲気ではなかった。はじめから。

 

冒頭部分で行われた「一行」の仲睦まじい会話は「ひとりごと」だった

 

アニメではなく漫画だったので「誰のセリフ」か勝手にイメージしてた

 

回想シーンで「笑顔の絶えない一行」を見たし、魔法使いが一人でも元気にふるまうから途中まで気づかなかった

 

 

そういうことだったのか



本当にすごい漫画だ

 

 

 

 

謝罪

 ごめんなさ~~~~~い!

 

平野先生本当にごめんなさい!

 

僕の中で平野先生の評価がうなぎ昇りに上昇しました

 

BOZEBEATSのときは「バトル系と絵があってないお?お?お?おぉぉぉう??? (*´艸`)」

 

とか思ってました

 

でも作品見てこれだけ感動したのも平野先生の絵があってこそですわ

 


この漫画のストーリーに絵があっていたし構成も素晴らしい。温かい回想シーンを入れ設定を悟らせないようにしていた

今回のような一話読み切りの短編集か、もしくは呪術廻戦みたいな4話くらいの短期連載を見てみたいと思った。絶対読む。金出してでも。

 

平野先生の新作に期待する!

 

 

もう一回告知!読んでね★

少年ジャンプの感想 (No.7) 「BOZEBEATS」連載開始! - ajapa-life’s diary

 

 

今回はこのくらいにします。またね