ajapa-life’s diary

管理人の雑記ブログ

「アリスと太陽」新連載! 凸ノ高秀先生の青春音楽譚!  少年ジャンプ(No.31) 

f:id:ajapa-life:20180730225603j:plain

少年ジャンプ(31号)表紙

どうもどうも~管理人のアジャパー次郎です

 

 

最近ジャンプにはバトル・スポーツ・科学はあっても音楽系の漫画が欲しいな、とか思ってたとこですよ

 

今回はそんなジャンプにやってきた青春音楽漫画「アリスと太陽」について語ろうと思う

 

ジャンプにまた新しい風が吹き込みそうな予感がする

 

 

今日もやっぞ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 アリスと太陽

 

f:id:ajapa-life:20180730225618j:plain

 

 

f:id:ajapa-life:20180730225610j:plain
f:id:ajapa-life:20180730225606j:plain
少年ジャンプ(No.31) 巻頭カラー扉絵
作品概要・紹介

公式ジャンプの作品紹介は以下の通り

新時代ボーイ・ミーツ・ガール音楽譚開幕!!


音楽が好きで、ひとり部屋で曲を作り続けていた少年・太陽。音楽が好きで、ひとり歌の道を進もうとしていた少女・アリス。

 

そんな二人が運命の出会いを経て、物語は動き出す!目指すは「世界征服」。

 

新時代のボーイミーツガール音楽譚が少年ジャンプに登場!

 

『アリスと太陽』|集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイトより

 

 

少し前に結構人気になった連載作品「背すじをピン!と鹿高競技ダンス部へようこそ〜」(横田卓馬先生)

 

SOUL CATCHER(S)」(神海英雄先生)に次いで音楽を取り扱った漫画が始まった

 

わくわくする!

 

一話目の感想

微笑ましいね

 

とても微笑ましい。そしてまぶしいよ、若さがw

 

 

音楽が好きだが人目を気にするあまり才能を表にだすのを避けていた主人公

 

一方音楽が好きでチャンスあれば挑戦する行動力溢れるヒロイン

 

二人が出会えば才能が倍増し、それがアウトプット(発現)され周りを巻き込んでいく。

 

青春がまぶしいよ

 

 

YouTubeか動画掲載サイトを二人の接点に使っていることからもけっこう最近のジャンプの香りがする。こういうのはいい。リアリティを感じる

 

YouTubeや視覚的にはインスタが、共通の趣味を持つ者との出会いを生んでいく

 

その過程はネットが当たり前になって、気軽に音楽を作成できるようになった現代だからこその新しい文化で、それを漫画で見ることができるのは新鮮だ

 

 

日頃音楽には興味がなく、カラオケでは僕が小中の時の音楽くらいしか歌わない、音楽離れしている僕からすれば、読んでる内容は専門用語ばかりで難しい

 

でも自分が日頃見ないジャンルの漫画をジャンプに連載されたら目を通してしまうので、面白い漫画を発見した時はめっちゃうれしい

 

 

 

おっと浸ってた。感想ね、感想

 

 

シンプルにヒロインが可愛い

 

クーデレ・ツンデレで主人公にしか興味ない感じのキャラもいいけど、活発で型にはまらず主人公を引っ張っていくような感じ、それでもって尻軽ではないヒロインは最高です

 

 

 

 

これからの期待度

一話目では見た感じ起承転結がしっかりされていて、一話目の構成としては完成度が高かった

 

問題はこれからよ

 

 

言われてみたら当然だが、漫画の文字と絵だけで、「音」を表現するのは難易度が跳ね上がる

 

上記の二つの「背すじをピン!と」や「SOUL CATCHER(S)」でも音楽系の漫画を描くのはメチャ難しい。読者に刺さる表現をするのは至難だろう

 

「背筋をピン!と」はダンスを題材にすることで、音楽以外の要素を基軸として描いたし

 

SOUL CATCHER(S)」は人の心が見えるという特殊な力を持った主人公によって、心理描写を音楽とリンクさせることで、音を「絵と文字」で表現する方法を得た

 

SOUL CATCHER(S)あんま読んでないから詳しくは知らんけども)

 

 

「アリスと太陽」ではどういった方法で表現するのか。「絵」で表現するのか、それとも主人公やヒロインの人間模様を物語で深く取り上げるのか

 

 

どういったことになるにせよ、決して読者に媚を売るような構成や「音楽」を一番のテーマにしている点だけは迷走させないでほしい

 

音楽で勝負してほしい。例えヒロインが超絶可愛くても!

 

 

 

 

凸ノ高秀先生ってどんな人?

凸ノ高秀先生についてわかっていること

・男性作家

 

・オモコロという投稿webサイトのライターをしている

 

・幼馴染に「ニコニコ動画の歌い手」や「動画投稿者」などがいる

 

・頻繁にTwitterも更新している

 

(「アリスと太陽」もこういった影響を受けて書かれた漫画なのかもしれない)

 

f:id:ajapa-life:20180730225643j:plain

凸ノ高秀せんせいのTwitter 固定ツイート
過去読み切り作品

 

 

f:id:ajapa-life:20180730225613j:plain

「アリスと太陽」読み切りバージョン

  「アリスと太陽」がジャンプで連載される以前、同じ作品名でジャンプに読み切りが掲載されている(2017年26号)

 


設定も大体同じで、今回の連載は前回の読み切りのリニューアルしたものだとわかる

 

 

読み切りの時はヒロインのアリスがまだすっきりした感じの美人だった

 

 

今回の連載バージョンでは少し派手になった印象だが、実際の白黒漫画で読み進めていけばケバさはあまり感じないはずだ

 

 

前回の読み切りでもなかなか評判は良かったので、連載でも頑張ってほしいものだ

 

 

今日はこれくらいでおしまい~