ajapa-life’s diary

管理人の雑記ブログ

少年ジャンプ 33号予告 「BLEACH」の久保帯人先生の新作読切「BURN THE WITCH」掲載決定! 

あの!久保帯人先生の読切作品が少年ジャンプに掲載されることが決定した

 

 

 

作品名は「BURN THE WITCH」

 

f:id:ajapa-life:20180630153128j:plain

少年ジャンプ編集部twitterより

 

 

BLEACH完結から約2年。待ちわびたよ!

 

 

ということで、今回の記事の話題はこいつで決定~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新作「BURN THE WITCH」の現時点で公開されてる情報

まだまだ表面的な情報しか公開はされていないということだが、その情報はいずれも大いに期待させてくれる内容ばかり

 

 

 

ブコメ!?

 今回のテーマはまさかのラブコメ

 

これは予想ではなく久保帯人先生が自身の公式twitterで発表した情報でもう決定してる

f:id:ajapa-life:20180630131501j:plain

久保帯人先生の公式Twitterより引用

 

 

久保先生はシンプルに「ラブコメ描いたよ」とつぶやいている

 

 

公開されたカットには、ほうきのような道具にまたがる女性が書かれている。おそらく主人公とメインキャラクターだろう

 

 

ブコメなのに男キャラが未公開とは、あいかわらず焦らしてくれるぜ先生。

 

 

まぁいい。ほんの2週間待てば公開されるのだ焦る必要はない。待て待て待て待て俺。一話限りの読切だ

 

これ以上の情報はご対面の感動を希薄にさせるいらぬ情報だ。待とうみんな、掲載されるその日まで!

 

 

 

 

 

よし、落ち着いた(´・ω・`)

 

 

 

 

 

新作の詳細は現在ではわかっていないが物語のキーワードは「魔女」「ドラゴン」「リバース・ロンドン」とのことだ

 

 

前の二つは良しとして、「リバース・ロンドン」とはなんぞや???????

 

 

グーグル先生に聞いてもこれといった回答は得られない。意味は全く分からず、久保先生の造語と思われる

 

 

ネット上では

 「リバースは裏、つまりロンドンの裏世界のことではないか」

「ロンドンいう言葉自体が実在するあのロンドンとは別のものかも」

 

といった声があり、その意味に注目が集まっているようだ

 

 

何にしても「魔女」と「ドラゴン」ってバトルファンジー!!??って感覚を覚えてしまうのだが、ラブコメなんだよなー。わくわくしてきた

 

 

さらに、ページ数は読切では異例の62ページ。連載作品は1話で19ページほどで、今回の読み切りの作品は新連載1話目並みに匹敵する。久保先生の渾身の作品ということだろう

 

 

 

 

BLEACHからみるラブコメへの期待度は高い

ところで久保先生はラブコメって書けるの???

 

 

っていうのが素朴な疑問として挙がってきそうだね。僕もそう。

 

 

終盤のBLEACHに絶望していた僕は「見開き大雑把で、大きなコマばかりの漫画に何ができるんだ。ラブコメ?笑わせるぜ」とおもったよ、初めは

 

 

しかし、一応TSUTAYAでブリーチの初期部分、日常が多く描かれている箇所を読んでみたんだよ

 

 

第三話で一護が母の死を自分の責任と考え感情を吐き出すシーン

 

 

いつものバトルシーンとはちがう情緒的な雰囲気を描く巻末の番外編

 

 

アランカル編で織姫が連れていかれる直前、眠る一護に最後の別れを告げるシーン

 

f:id:ajapa-life:20180630125825j:plain
f:id:ajapa-life:20180630125822j:plain
f:id:ajapa-life:20180630125834j:plain
f:id:ajapa-life:20180630125830j:plain
f:id:ajapa-life:20180630125818j:plain
f:id:ajapa-life:20180630125837j:plain
BLEACH」27巻 第237話より引用





 

 

バトルとギャグにだけ注目してよんでいたが、想像以上にエモい描写がたくさんあったことに改めて気づかされた

 

 

僕が悪かった。中高校生だった当時の僕は大事なことを見落としていた

 

 

期待できる。期待できるよ久保先生のラブコメ