ajapa-life’s diary

管理人の雑記ブログ

これからのジャンプの企画、らしいよ

どうもうどうも~管理人のアジャパー次郎です

 

 

今回はジャンプ50周年記念いうことで以下の内容に注目(´・ω・`)

 

 

直近のジャンプの企画と、それに思うこと(ハリウッドチャンネル株式会社から引用)


以下の内容は僕が独自に入手したものではない

 

 


「ハリウッドチャンネル株式会社」という会社のメディア編集事業「クランクイン!」の記事をまとめたものだ

 

www.msn.com

 

 

まとめると以下の内容だった

 


集英社のマンガ誌「週刊少年ジャンプ」の創刊50周年を記念した新連載・新企画発表会『週刊少年ジャンプ50周年~その先へ~』が5日、都内で開催され、同日発売の同誌よりスタートした新連載3連弾や新しい施策が紹介された。

 


・第1弾は『呪術廻戦』(芥見下々)、第2弾は『ノアズノーツ』(池沢春人)、第3弾は『ジガ-ZIGA-』(作:佐野ロクロウ、作画:肥田野健太郎

 


・『トリコ』の作者として知られる島袋光年の新作読切マンガ『ビルドキング』が4月23日発売号に掲載されることが発表された。『トリコ』は「食」がテーマだったが、今作は「住」。中野編集長は「少年漫画で描かれることなかったテーマを楽しんでほしい」と期待を寄せつつ「連載を見据えた読切」だと明かした。

 


・「春以降も『BLEACH』の久保帯人先生の新作や、『NARUTO』の岸本斉史先生の新作が進行中である」とも告知された。

 



 

喜ばしい点

有名漫画家の次の作品が待ち遠しい。「トリコ」、「BLEACH」、「NARUTO-ナルト-」作者たちが新作を準備してるって聞いただけで超嬉しい

 

 

それそれかつてジャンプを支えた看板漫画の作者の作品となれば見たくないわけがない

 

 

「BUILD KING」はすでに読みきり見ちゃったしこのブログでも辛いことも言ったかもしれんが、現在連載中の漫画にいい刺激になるのではないかと思うわけです

 

 

BLEACHNARUTO-ナルト-とは全く違う世界観の物語を読めると思うとわくわくテカテカしますわ

 

 

喜ばしくない点

こういう連載イベントが懸念されるのは「50周年連載は絶対成功させるぞー!」みたいな感じだと思うんだけど連載した作品が面白くない時でも、「人気低下以外の事情」で連載が続けられる時がある気がして好きじゃない

 

 

現在連載中の漫画で言えば「ジガ-ZIGA」とか、今イベントの連載じゃないけど「ROBOT×LASERBEAM」とか

 

 

明らかに連載打ち切りの最低ライン下回ってるじゃん

 

 

こういう作品が出版側の事情で中日久野はあまりよくないし好きじゃない

 

 

それだけです。初めての告知記事でした。ありがとうございました