ajapa-life’s diary

管理人の雑記ブログ

少年ジャンプの感想 (No.21,22)  「トリコ」島袋光年先生の読み切り 「BUILD KING」

 

 

 

はじめに

 

どうもどうも~ 管理人のアジャパー次郎です

 

 

残業だらけの繁忙期が終わったのにかかわらず、なんやかんやで定時後も職場で過ごしてしまう。この現象の名前はなんですかね

 

 

「残業依存症」?「共依存」?嫌なはずの定時後の職場に、なぜか滞在してしまう

 

 

繁忙期で三か月近く残業だらけの日々を過ごすと、急に忙しくなくなったときにどうしてよいか、自分は何がしたいのかわからなくなる

 

 

自分のしたいことが何なのか。それを考えてなかったら、定時で帰ろうが休日多かろうが仕方ないってことだ

 

 

 

 

最近なんか疲れてんのかな、ガラじゃないことばっか書いてるわ。反省

 

 

とにもかくにも今日もやります

 

 

 

 

 

島袋光年先生の読み切り「BUILD KING」 「食」の次は「住」 ド迫力建築バトル!

 

f:id:ajapa-life:20180606000147j:plain

今週号読み切り「BUILD KING」より引用

 

 今回紹介するのは読み切り作品の「BUILD KING」ね

 

 

トリコの「食」に続いて「住」を題材にしたバトル漫画。生きた建築である「アニマ建築」が施された家と暮らす主人公の少年「クギ」の物語

 

 

作者はかつてのジャンプの大人気看板漫画「トリコ」を手がけた島袋光年先生

 

 

 トリコといえば、「 食戟のソーマ」料理漫画ではないのだが「信じられない食材」の捕獲までのプロセスがメインのバトル漫画だ

 

 

ドラゴンボール鳥山明先生から影響受けているのだろう、初めは捕獲レベル8のワニの捕獲からスタートしたのに、後半頃には大陸や世界滅ぼすレベル6000とか10000とかの伝説の生物相手にするようになってしまって、まぁ

 

 

強さのインフレが止まらない。インフレに次ぐインフレw

 

 

「どこまで強くなるんですか」と聞きたくなるレベルだ

 

 

「暇つぶしに山の上半分切り取り海に投げて水切りで世界一周させる」生物まで現れる始末だし・・・

 

 

敵が強くなるのはいいが、強さを表現する手段がなくなってきて、どこからどう強くなってるのかわからなくなる場合もあるからほどほどに、やね

 

 

その例として「BLEACH」があげられて、最後の方は、もはや誰がどのくらい強いのかよくわからんようになってたね(´・ω・`)

 

 

 

ま、いいや

 

 

 

そんな「トリコ」を書いた島袋光年先生が今度は「住」を題材にした読み切りのバトル漫画を書いたとあってネットでも大反響だった

 

 

 「またクギ(釘)きたね」

 

「これぞ少年ジャンプって感じの漫画だね」

 

といった好印象のコメントもあれば

 

「前回はドラクエ、今回の作品はドラクエビルダーズにでも影響されたのだろうか」

 

 

といった、「どこかで見たことある感」を指摘する声も・・・

 

 

 

ちなみに「ドラクエビルダーズ」(スクウェア・エニックス販売)は魔王によって荒廃した街を「建築」によって取り戻すというゲームだ

 

 

読んでの感想

「BUILD KING」読んでの感想はですね

 

 

 

ずばり平均より上でトリコより下ですわ

 

 

独創性もインパクトも前作を越えそうにない

 

 

読み始めた瞬間の感想が「ドラゴンボールかな?」と思ってしまった

 

 

主人公が身にまとう服の色は違うみたいだがカラーではないので正直ドラゴンボールでおなじみのオレンジ色の道着にしか見えんがな

 

 

そして、子供っぽい主人公とその天真爛漫な性格からターゲットにしている読者層が低めで設定されているように感じた

 

 

ドラゴンボール時代の少年ジャンプならウケそうなものだが

ストーリーなども複雑化している傾向のある最近のジャンプでは少し淡泊に感じた

 

 

 

ただ、やっぱり一話のオチやキャラクターの面白さ、会話のテンポ、何よりバトルシーンの迫力は素晴らしく、かつて看板漫画を描いた実力は微塵も色褪せてはいない

 

 

f:id:ajapa-life:20180606000151j:plain

 

f:id:ajapa-life:20180606000135j:plain


今週号読み切り「BUILD KING」より引用

 

f:id:ajapa-life:20180606000139j:plain

今週号読み切り「BUILD KING」より引用

 

 

詳しくは次の記事で書くけど、どうも今回の読み切りは近く連載される予定らしく、今回はその前振りの読み切りだったということらしい

 

 

 

 

 

正直言うと、短期連載になるだろうなと思う

 

 

 

別に今までもかつての大ヒット漫画書いた人の次作がコけたことはあったし、毎回毎回連載する作品全部大ヒットさせろとはとても言えない

 

 

そこで、今回の読み切りを少しひねって連載につなげるとしたら、客観的に分析してみる

 

 

結論としては今回の「BUILD KING」は前回に比べてインパクトの弱いものになりそうだ

 

 

理由はいくつか存在するが、一番の理由はズバリ題材

 

 

題材は「住」

 

 

「衣食住」という人間の三大生活必需品であるけれど

 

 

しかし、前回のトリコのような「食欲・性欲・睡眠欲」の三大欲求の一つではないためどうしても「人間の強い執着」が描けない、ハングリーさに欠ける作品になってしまいそうな気がする

 

(ハングリーってのは豪快さとか思い切りの良さ、戦いと食欲をつなげる爽快さのことだよ!)

 

 

といったままの三大欲求のなかで最もジャンプっぽい欲って「食欲」よね

 

 

「睡眠欲」はジャンプっぽくないし、「性欲」だと別の「ヤング系週刊誌」とか飛ばされそうやし

 

 

 「『食』の次は『住』だ!」みたいなこの展開は好きなんだけど。うーむ。どうなるのだろう。