ajapa-life’s diary

管理人の雑記ブログ

感動必至の漫画『寿命を買い取ってもらった。一年につき、一万円で。』感想。最高だった。

  • はじめに
    • 概要
      • あらすじ
    • 感想
      • 二人への感情移入がとまらない
      • 「どんな人生を送りたいか」

 

f:id:ajapa-life:20190111230106j:plain

はじめに

『寿命を買い取ってもらった。一年につき、一万円で。』(以下、『寿命を買い取って』)

 

管理人のアジャパー次郎です。

 

今回はTSUTAYAでレンタルした『寿命を買い取ってもらった。一年につき、一万円で。』を紹介します。

 

「人生に必要なものは何か」を教えてくれる名作です。僕もTSUTAYAで借りて2回読みました。

 

 

 

原作者の三秋縋(みあきすがる)先生2ちゃんねるで小説をアップし、それを元に小説家となった。『寿命を買い取って』もネットに上げられた小説のコミカライズ版です。

 

 

続きを読む

『乱破連弾』感想。青春×音楽×忍術!?『べるぜバブ』作者の青春読み切り作品

  • はじめに
  • 『乱破連弾』概要・感想
  • 概要
  • 感想
    • 青春漫画に忍術要素という劇薬
    • 連載狙いなのかと思う多要素
    • 結局忍術必要だったのか

 

f:id:ajapa-life:20190111225005j:plain

少年ジャンプ(No.6.7)表紙


はじめに

管理人のアジャパー次郎です。

 

2019年はじめての少年ジャンプ(No.6,7)では読み切り青春漫画『乱破連弾』が掲載された。

 

べるぜバブ田村隆平先生のギャグあり青春漫画だが、なぜか忍術要素がブチ込まれてある奇妙な作品である。

 

楽しければよい、という感じの仕上がりになっている。

続きを読む

『ne0;lation』(ネオレイション)「レミングゲーム」の洗脳も使い方次第で役に立つアプリだった!

  • [:contents]
  • はじめに
  • 関連記事
  • 正しい使い方ならいいこともある
    • 生活リズムなどの選択肢を作らせる
    • 成功したら褒めてあげる。失敗して怒らない
    • 改善が習慣になる
  • まとめ
  • 関連記事

 

はじめに

管理人のアジャパー次郎です。

 

 前回の記事では『ne0;lation』で悪魔の自殺誘導ゲームレミングゲーム」の元ネタとその悪用方法について書きました。

 

今度はその洗脳ゲームも使い方次第では人の役に立つ有能なアプリになる、という記事です。

 

どういう意味でしょうね。続きをどうぞ。

 

 

関連記事

別の記事も良ければこちらもどうぞ!

 

 『ne0;lation』の第一話の感想記事はこちら

『neo;lation』(ネオレイション)。性悪天才ハッカーが悪党を蹴散らし嘲笑う爽快漫画! - ajapa-life’s diary

 

まずは第三話で登場した自殺誘導ゲーム「レミングゲーム」について

『ne0;lation』自殺ゲーム「レミングゲーム」の元ネタ「青い鯨」は悪魔の遊びだった! - ajapa-life’s diary

 

 

続きを読む

『ne0;lation』自殺ゲーム「レミングゲーム」の元ネタ「青い鯨」は悪魔の遊びだった!

  • はじめに
  • 関連記事
  • ロシア発祥の『青い鯨』とは?
    • 概要
    • 自殺するまでのプロセス
      • 自殺願望のある少年少女を集める
      • 徹底的に罵倒し自己肯定感を削る
      • 膨大な指令をする
      • 最後に自殺を命じる
  • 『ne0;lation』で予想される予想レミングゲーム
    • 自己肯定感の低い人間を集める
    • 簡単なこと・良いことを指示する
    • 今までしたことのない勇気のいるチャレンジをさせる
    • 軽いいたずらをさせる
    • 指示する行為の危険性・犯罪性を徐々にエスカレートさせる
    • 孤立させる
    • 自殺に誘導する
  • 関連記事

 

はじめに

管理人のアジャパー次郎です。

 

今回は週刊少年ジャンプ(No.4・5)で連載中『ne0;lation』で自殺誘導ゲームが取り上げられました。

 

天才高校生で凄腕ハッカーの主人公・尾根が行方不明になった女子高生の手がかりを探しますが、女子高生がインストールしていたレミングゲーム』は、実は自殺誘導ゲームだった、という話です。

f:id:ajapa-life:20190102233918j:plain
f:id:ajapa-life:20190102233914j:plain

f:id:ajapa-life:20190102233926j:plain

 

ゲーム中では『レミングゲーム』という名称ですが、ロシアに実在した『青い鯨』という自殺誘導ゲームを模倣したものになっています。

 

現実で社会問題化した題材を漫画にするのは、素晴らしいアイデアです。

 

読者としてはこの展開は飽きません。日常感・現実感のある設定は、『BLOODY MONDAY』にもない斬新な要素となるでしょう。 

 

関連記事

別の記事も良ければこちらもどうぞ!

 

 

 『ne0;lation』の第一話の感想記事はこちら

『neo;lation』(ネオレイション)。性悪天才ハッカーが悪党を蹴散らし嘲笑う爽快漫画! - ajapa-life’s diary

 

そして洗脳ゲームも使い方次第でいいゲームになりうるという記事もあります。

『ne0;lation』「レミングゲーム」の洗脳も使い方次第で役に立つアプリだった! - ajapa-life’s diary

 

 

続きを読む

『マネーと国家と僕らの未来』仮想通貨(ビットコイン)から考えるお金の本質

  • はじめに
  • どんな人にオススメか
  • 主な内容は?
    • 第1章「多数決のマネー~お金は誰でも自由に作れる~」
    • 第2章「ビットコイン革命~未来をイマジンできる脳とは~」
    • 第3章「所有からシェアへ~好きなことして稼ごう~」
    • 巻末付録「ビットコイン早わかり表」
  • この本を読むべき理由
    • 金杉さん・茂木さん要素も眉唾物
    • 対談型の本はテンポが良い

 

はじめに

脳科学者・茂木健一郎ホリエモン堀江貴文音楽ゲームリエーター・金杉肇氏の3人による音楽ユニットである「ハッカー」によって、世界の最先端である技術やビジネスについて書かれています。

 

ニュースで何度も取り上げられた「仮想通貨」や「ビットコイン」に関する基礎情報が目白押しです。

 

「話題にはなったけどビットコインってそもそもなんだろう」と思う人に是非読んで欲しい一冊といえます。

 

続きを読む